結婚指輪のブランド!どこを選べばいいの?

ブランドだけでも数が多い結婚指輪

結婚指輪を選ぶ際に目をつけたいのが、ブランドでしょう。結婚指輪を出しているブランドは国内外に数多く、1つに絞るのは難しいものがあります。真っ先に思い浮かぶのはエレガントな海外ブランド。でも「結婚指輪に使えそうな指輪」と考えると、クロムハーツのようなカジュアルなブランドも選択肢に加えられるでしょう。
突き詰めれば突き詰めるほど難しくなる、結婚指輪のブランド選び。どうやって選べば良いのかについて、考えてみます。
“結婚指輪のブランド!どこを選べばいいの?” の続きを読む

何か青いものをいれて幸せになる

結婚指輪には縁起の良いものを

結婚指輪に何かを取り入れるのなら、縁起の良いものをといきたいところ。結婚指輪は2人が結ばれた証であると同時に、ファッションアイテムとしても使える代物です。そして、お守りとしても結婚指輪は大活躍。
お守りとして結婚指輪を使う予定であれば、何か青いものを取り入れてみてはいかがでしょうか。
“何か青いものをいれて幸せになる” の続きを読む

6万円の結婚指輪の行方は意外なところに

結婚指輪の相場について

結婚指輪の相場は、20万円〜30万円前後と言われています。けっして「安い」とはいえない、金額です。結婚をすれば、どんどんお金は出ていくばかり。収入が増えれば問題解決ですが、昨今の社会情勢を考えたら難しいものがあります。
そこで目をつけたいのが、コスパな結婚指輪。5万円というのはいささか難しいものの、6万円ぐらいならばなんとかなりそうです。一体どういった結婚指輪があるのか、調査してみました。
“6万円の結婚指輪の行方は意外なところに” の続きを読む

小さい結婚指輪に存在感を

小さいサイズの結婚指輪は?

5.5号の結婚指輪となると「小さい」と捉えられます。一般的な指輪の平均サイズは、女性で8号〜10号と言われています。小さい結婚指輪となると、存在感が薄くなるのは否めません。
ファッション用リングとして使うならまだしも、これから購入を検討しているのは結婚指輪。小さいサイズでも存在感をアピールしたいと思っても、難しいものがあります。ではどうすれば良いのか、検討してみましょう。
“小さい結婚指輪に存在感を” の続きを読む

結婚指輪に宝石を!

結婚指輪をゲットするなら宝石をつけたい

結婚指輪をゲットするのなら、キラリと光る宝石をつけてみては如何でしょうか。「シンプルな指輪が良いから宝石はいらない」という声もあるでしょう。または「値段が高くなるから控える」という、意見もあるかもしれません。
どういった結婚指輪を選ぶかは、夫婦の判断です。ただ宝石についての知識だけを仕入れるのは、夫婦にとって何の負担にもならないはずです。結婚指輪に使われる宝石について、取り上げます。
“結婚指輪に宝石を!” の続きを読む

結婚指輪を用意するタイミングを知るには納期にあり

結婚指輪を用意するタイミングは?

結婚指輪を用意するタイミングは、夫婦の自由で構いません。1日でも早く結婚指輪を手にしたいのならば、今すぐにでも結婚指輪を探しましょう。でも色んな事情で急がないのならば、結婚10年後に手にすることもありです。30年後に結婚指輪を手にするのも、良いでしょう。
ただ挙式の指輪交換に結婚指輪を使うのならば、話は変わります。挙式日を6月と仮定した上で、結婚指輪を用意するタイミングについて探ってみました。
“結婚指輪を用意するタイミングを知るには納期にあり” の続きを読む

どうやって制作される?結婚指輪の裏側

意外と知らない結婚指輪の裏側

結婚指輪は、どうやって制作されるのでしょうか。ジュエリー店で燦然と輝く結婚指輪ですが、意外と裏側については知られていません。一生涯共にする結婚指輪だからこそ、知られざる裏側について知りたいと思うのは当然でしょう。
そこで、結婚指輪の制作裏側をつついてみました。なお細かい部分はブランドや店にもよりますが、大まかな流れはほとんど同じです。

デザインを考える

結婚指輪を制作するにあたり取り掛かるのは、デザインでしょう。海外ブランドの場合は、専属のジュエリーデザイナーがデザインを担当。
時代の流れやニーズに合わせて、素敵な結婚指輪をデザインします。最近はコンピューターを使ってデザインをするブランドも増えてきているので、どんな要望にも応えられるでしょう。デザインが仕上がったら、いよいよ制作の開始です。制作を担当するのは、指輪職人です。高級ブランドであれば、職人の手作りによって指輪は生み出されます。

結婚指輪を作る

結婚指輪の作り方については、主に2種類あります。1つ目は鋳造と呼ばれる方法。指輪の型をつくり、型に溶かした金属を流し込んで指輪の形に仕上げるというものです。最近は3Dプリンターを使い、型を作る所も増えてきました。緻密なデザインにも対応しているので、凝ったデザインの結婚指輪を求めているのなら鋳造がおすすめです。
2つ目は鍛造と呼ばれる方法です。指輪の元になる金属を熱しながらも叩いて、指輪を作るやり方です。鋳造のように緻密なデザインを鍛造で作るのは、少々厳しいもの。でも耐久性高い結婚指輪に仕上がりますので、大切に扱えば孫の結婚式にも使えるでしょう。

本物のプロ達

最後に指輪制作に携わる、指輪職人について紹介します。指輪職人の多くは、何年・何十年単位と修行をしてきた猛者ばかり。職人に「ゴール」というものはなく、高いクオリティを追求するのに余念がございません。
彼らのこだわりは凄まじく、数ミリ・数マイクロミリのズレも許さないほど。彼らの信念があるからこそ、素晴らしい結婚指輪が仕上がるのです。

結婚10年目に贈りたい結婚指輪

スイートテン・ダイヤモンド

結婚して10年目に、10石のダイヤや1.0カラットのダイヤモンドを贈ることを「ツイートテン」と言います。元々はジュエリーメーカーが打ち出したCMでしたが、今はちょっとした風習になりました。
贈るのはダイヤモンドだけでなく、指輪でも構いません。結婚して10年目で、新たに結婚指輪を購入するのも良いでしょう。実際に錫婚式(すずこんしき)として、結婚指輪を用意する夫婦も少なくないのです。ではどういった指輪が良いのか、調べてみました。
“結婚10年目に贈りたい結婚指輪” の続きを読む

個性的なコンビネーションの結婚指輪

コンビネーションのおすすめ

個性的な結婚指輪を希望しているのなら、コンビネーションな結婚指輪がおすすめです。コンビネーションとは、2つの素材で作られた結婚指輪のことです。多く見るのが、プラチナとゴールドの2つの素材で作られた結婚指輪です。プラチナとゴールドのカラーがデザインに映え、唯一無二の存在感を放っています。
ではコンビネーションの結婚指輪には、他にどんなものがあるのでしょうか。調査してみました。
“個性的なコンビネーションの結婚指輪” の続きを読む

結婚指輪の色と似合う色

結婚指輪はカラフル!

結婚指輪はカラフルです。白く輝く結婚指輪もあれば、柔らかいピンク色をした結婚指輪もあります。すごいものになると、ブルーが入った結婚指輪もございます。
夫婦に似合う色はどんな色なのかは、意外と不明瞭なもの。結婚指輪が持つ色と、似合う人について考察してみました。
“結婚指輪の色と似合う色” の続きを読む