予算10万で素敵な結婚指輪を

職人手作りの結婚指輪は高い

職人が手作りした結婚指輪は非常に繊細で、細かい部分までぬかりがありません。しかも結婚指輪に使われている素材は一級品で、ダイヤモンド等の宝石に関しては、選ばれたもののみ使用しています。
機械で大量生産はできるはずもなく、かかる値段もかなりのものです。結婚となると指輪以外にも、お金が必要になる場面が出てきます。結婚指輪だけに、予算をつぎ込む訳には行きません。そこで予算を極力抑えながらも、素晴らしい手作りの結婚指輪を手にする方法について取り上げます。
“予算10万で素敵な結婚指輪を” の続きを読む

指輪のくすみ

指輪は買った段階では鏡のように光り輝いているものがほとんどですが、時間がたつとくすみが出てくることも多いです。
これはその指輪の品質に問題があるわけではありません。
日常的にこまめなお手入れをしていたり、管理の方法に注意したりしないと、ほとんどの方で起こることです。

この指輪のくすみはなんなのでしょうか?
これは金属が酸化して起こることです。
金属は空気に触れていると次第に酸化していき、輝きも失われていきます。
また、指にはめていると汗に触れることもありますよね。
これも酸化の主な原因です。
これが起きると指輪全体にくすみが起き、曇った鏡のようになります。
元は輝いていたリングでも、こうなると少し見た目がイマイチですね。

くすみを取るには、どうしたらいいでしょうか?
一番簡単なのは、お手入れのための専用クロスで磨くこと。
これには研磨剤がついている特別なもので、これで拭くと指輪の表面を軽く削れます。
酸化した金属の表面が落ちると、また元の輝きに戻るわけです。

あとは日頃からくすみ対策のためのお手入れをやっておくといいでしょう。
一度使った指輪は乾いた布で軽く拭くといいです。
さらに、長期間使わないときは、真空パックにして保存し、空気に触れさせないようにしておくと、酸化しにくくなり、くすみにくくなります。

ただ、完全に空気に触れさせないのは非常に難しいですし、一度酸化したものを専用クロスなど使って元に戻すのも、完全にはいかないことも多いです。
くすみ対策の一番の方法は、プロの職人を頼ることです。
指輪を購入したショップやブランドで、日ごろのお手入れについて聞いてみるといいでしょう。

さらに、これら購入先ではメンテナンスをやっていることも多いです。
その一つとなる磨き直しをお願いすれば、くすみが起きた指輪を元通りの輝きに戻してくれますよ。
このように一度買った指輪は、最初に比べてくすみが出ることも多いです。
そのつもりで日頃からお手入れに注意し、輝きがなくなったと思ったら磨くといいでしょう。

指輪の平均サイズ

これから指輪を買うとき、だいたいどれくらいのサイズを買うのかは気になるところでしょう。
平均してどれくらいのサイズが多いのでしょうか?
これは男性と女性とで違いがあるのですが、男性の場合は、14~18号、女性の場合は7~10号となっています。

だいたいの方がこの範囲のサイズになることが多いため、まだ厳密に自分の指の大きさを知らない方は、大雑把にこの範囲のリングの中で合うものを探すといいです。
この平均サイズで大雑把に指輪を絞り込み、その中でピッタリ合うものを探せば、比較的スムーズにちょうどいい指輪を見つけられるでしょう。

ただし、平均サイズだからといって、必ずこの範囲の大きさが合うとは限りません。
男性でも女性でも指の大きさはそれぞれで、平均に当てはまらない方はもちろんおられます。
これは体形も大きく関わりますので、実際の大きさは一度きちんと測ることをおすすめします。

また、平均サイズから外れる場合、指輪の大きさがなくて購入できないといったことはあるでしょうか?
これはそれほど心配いりません。
特定の大きさのみでしか作れない指輪は、それほどないからです。
各ショップやブランドが作っているリングは、すでに完成しているものについてはその指輪のサイズに合う方しか使えませんが、これから注文する場合は、選べる大きさも複数あるのが基本です。
たとえばあるブランドの指輪では、7~16号までの間で大きさを指定できます。

具体的にどのサイズを指定できるのかは、各ブランドやモデルによって変わります。
複雑なデザインのリングほど、選べる大きさの範囲が限定される傾向はありますが、男性・女性それぞれの平均はカバーしていることがほとんどですから、困らないことは多いでしょう。

ただし、平均サイズから大きく外れる方の場合、気に入った指輪にサイズがない場合があります。
このときは他のモデルの指輪を選ぶか、オーダーメイドで特注できないか相談するといった対応になるでしょう。
このような意味でも、一度指の大きさは調べておき、平均的なものか、そうでないのか、把握しておくと安心です。

指輪のサイズ表

職人の手で非常にたくさんのデザインの指輪が作られているわけですが、これを購入するときの大前提が、サイズです。
サイズが合わない指輪では指にはめられませんよね。
では指輪に合うサイズはどうやって選ぶのかというと、サイズ表を使います。
リングの大きさは号という単位で決まっており、1~30号まで決まっています。
各号が具体的にどれくらいの大きさなのか、それが一覧で載っているのがサイズ表です。

これはどこにあるのでしょうか?
アクセサリーショップなどに行けばサイズ表が掲示されていることも多いですが、これはインターネット上で公開されていることも多いです。
ショップで初めてこのサイズ表を確認するよりは、自宅でゆっくり確認した方が、何号が自分の指に合いそうか、ゆっくり調べられますね。
このサイズ表を載せているのは、アクセサリーショップやブランドのHPなどです。
そちらで確認すれば、ショップに掲示されているものと同じものをチェックできるでしょう。
具体的に何号がどれくらいのサイズなのか、いくつか例をご紹介しましょう。

たとえば一番小さいサイズ、1号の場合、指輪の直径が13ミリ、リングの内周が40.8ミリとなります。
二番目に小さいサイズ、2号の場合は、直径が13.3ミリ、リングの内周が41.9ミリとなります。
このように指輪のサイズ表では、そのリングの直径と内周が一覧で載っています。

このサイズ表を見て、指のサイズに合うのが何号なのかを調べたいところですが、どうやればいいでしょうか?
まず指輪をはめたい指を決めます。
各指ごとに太さも変わりますから、なるべくどの指にはめるのかは、あらかじめ決めておくことをおすすめします。

サイズを測るのは、指の付け根が基本です。
こちらに紙などを巻き付け、巻き付け始めの部分と重なる部分に印をつけます。
あとはその紙などの端から印までの長さを測ると、自分の指周りの長さがわかりますから、それに合う大きさをサイズ表から探してください。
このように指輪にはサイズ表があるため、自宅でも何号の指輪が合うのか、自分でも調べられます。

指輪のサイズ直し

一度購入した指輪でも、体形が変わったりすると指にはまらなくなったりしますよね。
そんなときに使えるのがサイズ直しです。
購入した指輪はすでにリングの大きさが決まっていると思いますが、それを後から変更できるのです。
サイズ直しができる場合、今のサイズより少し大きくしたり、逆に少し小さいリングにできたりします。

昔買った指輪で、今はもうサイズが合わなくなったものがあれば、このサイズ直しを使ってみるといいでしょう。
これをお願いできるのはどこでしょうか?
よくあるのは、それを買ったショップです。
ブランドの指輪で、その正規ショップで買った場合、そちらでサイズの調整をお願いできることが多いです。

料金については、基本的に有料だと思っておくといいでしょう。
一部の条件では無料です。
その条件とは、その指輪に保証がついている場合です。
やはりブランド物の指輪を正規ショップで買ったときに多いですが、そのリングに保証がついたりします。
この保証とは購入後のメンテナンスを約束するもので、料金も無料となることが多いのです。
この保証の一環でサイズ直しも対応してくれ、無料でリングの大きさを調整できます。

ただし、保証の内容や期間は要確認です。
まず保証の内容について、具体的に何をしてくれる保証なのか、よく確認してください。
ほかにもよくあるのが、指輪のクリーニングや、磨き直しです。
サイズ直しは保証の対象外となる場合、依頼すると有料となります。

また、このような料金以前に、サイズの調整ができるときと、できないときとがあります。
できるのかどうかは、その指輪のデザインが重要です。
サイズ直しがしやすいのは、リングにあまり装飾や刻印がなく、宝石の埋め込みなどもないときです。
素材がプラチナやゴールドなど、一般的な素材になることもサイズ直しがしやすい条件となります。

これに対して、そのリングにびっしりと装飾や刻印、宝石の埋め込みがあったり、素材がやや特殊な場合、そもそもサイズ直しが不可となる場合もあります。
このようなサイズ直しもできるような指輪を選びたいなら、シンプルなデザインと素材のものを選ぶといいです。

メンズ向き指輪ブランド

メンズから人気のある指輪ブランドもいくつかあります。
たとえばある国内ブランドです。
こちらではメンズ向きのアクセサリーをたくさん作っており、人気のある指輪も多数あります。

デザインにはいくつかのシリーズがありますが、どれにも共通しているのは、大人の男性向きの落ち着いたカッコよさがあること。
リングのカラーは基本的にシルバーかゴールドとなり、あまりカラフルな宝石などはついていません。
その代わりに黒い装飾が入っているものが多く、大人のメンズファッションに向いています。
この銘柄の指輪は雑誌でも多数取り上げられており、トレンドのアイテムでもあります。
メンズに向いている主要ブランドの一つですね。

次に、海外製品になりますが、やはりメンズ向きの指輪が多いブランドがあります。
基本的にシルバーアクセサリーのシリーズになるのですが、こちらは大きくて分厚いリングになるのが特徴です。
人気商品は分厚いパイプを切り取り、それをきれいに磨き上げたような形状をしています。
その分厚い形を活かし、そちらにそのブランド独特の装飾が入っています。
少しごついアクセサリーになりますが、その大きさと派手な装飾がメンズファッションとして人気です。
ほかにもいくつかの商品シリーズがあり、緻密な金属細工のような装飾が入っている分厚い指輪などもあるブランドです。
性別を問わず人気は高いですが、どちらかといえばメンズからの人気が高いですね。

特に人気が高いものは以上ですが、このほかにもメンズ向きの指輪を作っているブランドはあります。
たとえばある国内ブランドですが、こちらでは比較的お手頃価格の指輪が揃っています。
高級なリングよりも手軽に購入できますが、デザインは他の銘柄に負けません

たとえばある指輪では、非常に幅が広いシルバーリングとなっており、そちらには立体的に金属の彫刻が彫られています。
この作りと渋い色合い、その落ち着いたデザインは、まさに男性向きです。
大人の男性がつけても決しておかしくはありません。
このような指輪のブランドは、メンズ向きですね。

指輪ブランドの選び方

たくさんある指輪のブランド。
この中でどれを選べばいいのでしょうか?
この選び方についてですが、まずは予算で絞り込めます。
その指輪の値段はデザインや素材、グレードによるのですが、だいたいどれくらいの予算が必要になるかは、ブランドごとに傾向があります。

比較的手軽に選べるカジュアルなブランドの場合、必要な予算の目安は2~5万円ほどです。
ゴールドやプラチナなど、一般的なアクセサリーの素材を使っており、宝石などの装飾もきちんと入っているものの値段としては、安い方ですね。
また、これらもプロの職人が丁寧に手作りしていますので、作りもしっかりしていますよ。
このようなブランドを選べば、そこまで多くの予算がなくても、オシャレに使えるいい指輪が手に入るでしょう。

これがもう少し別のブランドを選んだ場合、どうなるのでしょうか?
たとえば人気やステータスでいえばハイグレードなものを選びたいところかもしれません。
しかしこちらを選ぶと、必要な予算もかなり増えます。
実際の値段はピンキリですが、最低でも10万円以上は必要になることが多いです。
特に高級な指輪を多く扱っているブランドの場合、最低でも100万円近く必要になることもありますね。

どんなにいい指輪でも、大幅に予算オーバーとなる場合、選ぶのは難しいですよね。
そこで選び方としては、まずは必要な予算の目安で大雑把に絞り込むといいです。
その中ならだいたいどこを選んでも好きなものを選べることは多いですから、あとは簡単です。

指輪のようなアクセサリーの選び方の基本は、自分の好みですよね。
予算さえ問題ないなら、その選び方でOKです。
ブランド単位で指輪のデザインにも特徴がありますから、簡単にそれを確認し、テイストでさらに絞り込むのもおすすめです。
もっと大雑把に、男性向き、女性向きといった人気の傾向による選び方もありますね。
指輪のブランドの選び方としては、このようなものがおすすめです。
ただし、正解はありませんから、好きなものを選んでから、必要な予算を後から用意するといったものでもOKです。

彼女にあげたい指輪のブランド

指輪は彼女へのプレゼントにする場合も多いですよね。
このときに、彼女からよく喜ばれる定番のブランドがいくつかありますからご紹介しましょう。
手頃なところでいくなら、あるアクセサリーブランドの指輪がおすすめです。

こちらはアイテム数の多さが特徴で、シンプルなデザインからかなりオシャレなものまで、たくさんの商品があります。
彼女が喜んでくれるような、女性らしいデザインも多く、パートナーへのプレゼントにも非常によく選ばれます。
具体的にどれを選ぶかは、彼女のセンスに合わせて選ぶのがベターですが、アイテム数が多いですから、相手に喜ばれそうなアイテムも見つかりやすいですよ。
そしてここは比較的大手のブランドで、指輪の価格帯も安いものから高いものまで、さまざまです。
5万円以内のところで買える手軽なアイテムも多いですから、彼女へのちょっとした指輪のプレゼントなら、こちらのブランドのものを選ぶといいです。

ちょっとしたプレゼントではなく、彼女の心に残る特別な贈り物としたいなら、ある有名ブランドを選ぶといいでしょう。
こちらは世界的に有名で、特に女性からの憧れの声が多いのが特徴です。
そのため、男性から女性へアクセサリーをプレゼントするときの定番ブランドになっているのです。
ここで作っているアクセサリーはたくさんありますが、指輪もあります。
非常に上品で華奢なデザインのものが多く、女性へのプレゼントにもピッタリですよ。
有名ブランドだけに非常に高価なリングもありますが、リーズナブルなアイテムも一部にありますので、どれを選ぶかは彼女の好みと予算で決めるといいでしょう。

このようなブランドが彼女へプレゼントする指輪にピッタリですが、絶対の正解があるわけではありません。
大事なのはプレゼントをするその相手の好みです。
可愛いアクセサリーを好むなら、そのようなテイストのアイテムが多い場所を選ぶといいです。
カッコいいというテイストのアイテムを好むなら、そちらの方がいいですよね。
どんなブランドなら正解ということはありませんから、好みに応じて選んでみてください。

指輪ブランドの格付け

プロが作っている指輪もその品質はさまざまで、中には格付けランキングで上位に入る、非常に高品質で格調高いブランドもあります。
たとえばあるフランスのブランドの指輪など、格付けでもトップになることも多いものです。
一口にリングと言っても、非常に多くの種類のアイテムがあります。

たとえばお守りをモチーフに作られたものがあります。
それぞれで宝石を埋め込まれているのですが、これが守り石となるのですね。
オシャレとお守りをかけた、人気の指輪の1つです。
ほかにも豹をモチーフにしたもの、いくつかのリングを組み合わせて一つのリングとしたもの、ねじ穴のような装飾をつけたものなど、たくさんの指輪があります。
どれも格調高い上品さがあり、ハイグレードな銘柄の一つとされています。
格付けでもトップになることも多いブランドですから、格調高さを重視するならおすすめですよ。

あるアメリカのブランドの指輪も、同じくハイグレードの銘柄です。
格付けでも同じくトップになることも多いですね。
このブランドの特徴は、女性向きの繊細なデザインの指輪が多いこと。
リボンを結んだようなデザインのリングなど、女性から人気があります。

そしてこのブランドはとにかく名前が有名で、世界中の女性から人気があるのが特徴です。
そのため男性から女性へのプレゼントとしては時代や年齢、地域を問わず人気があります。
ブランドのステータスも十分ですから、セレブ同士のプレゼントにもよく選ばれますよ。
格付けで上位に来るのも納得の銘柄ですね。

このほかには、あるイタリアのブランドも、格付け上位の常連です。
やはりハイグレードなランクにあたる指輪で、値段も高めですが、それだけ人気もあります。
独特のデザインをしているものも多く、リングの幅や厚みが広いのが特徴です。
それでいて高級アクセサリー独特の上品さもきちんと兼ね備えており、高い人気があります。
格付けで上位に来るような指輪ブランドといえば、以上のようなハイグレードのものが基本です。

可愛い指輪のブランド

アクセサリーに求めるテイストは人それぞれですが、特に女性からは可愛い指輪が人気ですよね。
この可愛いというテイストの強い指輪のブランドには、どんなものがあるでしょうか?

国内のある大手のブランドなどそうですね。
こちらは品ぞろえの多さが特徴で、女性に人気の可愛い指輪もたくさん揃っています。
たとえば、このブランドのある指輪ですが、全体的に細身のリングとなるものの、特徴はリングについている一つの大きな宝石です。
この宝石はピンク色をしており、しかもハート形にカットされているのです。
その色と形から、可愛いと評判ですよ。

このほかにもこのブランドでは女性向きの可愛い指輪がたくさんあります。
基本的に細身で、まるでリボンのように華やかなデザインのものなどありますね。
アイテム数が多くて好きなものを選べるほか、お値段も比較的安く、手軽に可愛い指輪が手に入ると評判ですよ。

このほかにも、このようなリングの多いブランドがあります。
こちらの特徴は、リングが非常に華奢なことです。
そしてそれに大きな宝石がついていたり、複数の宝石が散らばっていたりします。
まるで女性が自分で作ったビーズのアクセサリーのようなテイストで、可愛いと非常に評判です。
お値段も手頃で、安いものだと2万円台で購入できますよ。

さらに別のブランドでも、可愛い指輪がたくさんあります。
こちらも華奢なデザインが基本で、非常に細いリングが多いです。
そしてキュートな印象が強いのは、その独特の装飾です。
あるリングでは、まるで指輪の正面でリボンを結んでいるような装飾がついています。
その装飾のサイズ自体は小さいため、さりげない可愛さとなるのが特徴です。
キュートなアクセサリーの中でも、あまりに自己主張の激しいものは避けたいときなど、このリングがおすすめですね。
ほかにも同じテイストとなるさりげない可愛さを持ったリングがたくさんあります。

このように可愛い指輪を多く作っているブランドがあります。
どんな可愛さになるかは各アイテムによりますが、いいものが見つかることは多いですよ。